FC2ブログ
 
■プロフィール

石川直純

Author:石川直純


ご訪問ありがとうございます。

池袋と日野市にあるクラシックギター教室・講師のブログです。

お一人ひとりとの出会いを大切に
やさしくレッスンをしています。

大人からはじめたい方を応援しています。

石川直純ギター教室ホームページ

■カテゴリ
■最近の記事
■リンク
■QRコード

QR

■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大作曲家はなぜギター曲を書かなかったのか
歴史的に有名なクラシックの作曲家は、ギター曲を書きませんでした。

なぜだったのでしょうか?

19世紀に完成したギターは、弾きやすく優美ではありましたが音は小さいものでした。

音楽の場が宮廷やサロンからコンサートホールへと移る中、音が小さいというのは不利でした。

より音が大きくアンサンブルに向く楽器が求められ、ヴァイオリンが花形となっていきます。

またピアノの台頭ということもありました。

ギターは小さなオーケストラといわれますが、ピアノはまさにオーケストラを代用できます。

多くの人に聴かせるという時代の要請が、ギターを表舞台から降ろしてしまったのです。


ギターの歴史 | 11:55:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。