■プロフィール

石川直純

Author:石川直純


ご訪問ありがとうございます。

池袋と日野市にあるクラシックギター教室・講師のブログです。

お一人ひとりとの出会いを大切に
やさしくレッスンをしています。

大人からはじめたい方を応援しています。

石川直純ギター教室ホームページ

■カテゴリ
■最近の記事
■リンク
■QRコード

QR

■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スペイン黄金世紀のビウェラ
クラシックギターのレパートリー最も古い曲というと
「6つのパヴァーヌ」で有名なルイス・ミランでしょうか。

1500年頃バレンシアに生まれたミランは、
かなり高貴な生まれだったらしく、ビウェラの曲集を出版したほかに、
騎士を称し宮廷人として優雅に過ごしたそうです。

輝かしいスペインの時代の高度に洗練された音楽を、
500年の時を越えて演奏できるなんて、
実にロマンチックなことですね。

ビウェラ写真

昔、スペインで買った「ザ・スパニッシュ・ギター」
という本に、現存するビウェラの写真が載っていました。

8字型の胴体に、平らな背と横板、6コース(組)の弦など、今
日のギターの祖と言っていいのかもしれません。

ビウェラの盛期はわずか50年ほどで、
その後、演奏・作曲・楽器製作とすべて途絶えてしまったといいます。

ビウェラCD

押入れに眠っていたビウェラで演奏されたCD。
7人のビウェリスタの曲だけを収めている。

リュートに較べ、ビウェラの演奏には、めったに出会えない。

軽やかで明るい、まことに典雅な響き。

選ばれた宮廷音楽家としての自負が伝わってくるようです。


ギター・音楽 | 00:06:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。